Zoho CRM

マーケティングオートメーション(MA)とは??

2022年2月21日

「マーケティングオートメーション(MA)」という用語を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、「マーケティングオートメーション(MA)」とは何か?どんなことができるのか?などご紹介させていただきます。

マーケティングオートメーション(MA)とは?

マーケティングオートメーション(MA)とは、新規顧客の獲得や見込み客の育成をはじめとしたマーケティングの活動を自動化する仕組みの事を言います。また、そのような自動化を実現するソフトウェアツールを指します。

マーケティングオートメーション(MA)の必要性

ITやマーケティングの普及などの様々な影響で、常に顧客はたくさんの情報に触れています。そんな状況では顧客の興味を惹くことは難しくなってきているため、興味・関心のある情報を繰り返し何度も届け、アプローチし続ける必要があります。そのためには、顧客ごとに興味のある情報を提供する必要がありますが、それをマニュアル(手動)ですることは現実的でありません。そこで登場するのがマーケティングオートメーション(MA)です。

マーケティングオートメーション(MA)導入のメリット

・販売実績への貢献度を可視化

販売実績への貢献に対する施策の効果を分析。これにより、マーケティング施策の投資の売り上げへの貢献度を可視化します。

・リードタイムの短縮

顧客からの問い合わせの内容に応じて、自動返信メールを設定できるため、顧客はメールの返信を待つ時間がかなり短縮されます。

・興味関心レベルに応じたリード分類

顧客のメールへの反応やWebサイトへのアクセス履歴など、顧客の反応を蓄積することが可能です。顧客の動向をスコアリングして、アプローチすべき優良顧客を抽出できるようにします。

・目標達成への活動状況と成果を把握

自動的に各施策の成果をCRMに蓄積し、各施策のKPI(重要業績評価指標)を設定します。そして、その達成状況をグラフ化することが可能です。

MAツールを導入するためにやっておくべきこと

MAツールを導入すれば自動的に売上・利益が増える訳ではありませんが、使い方次第ではかなりの効果を発揮してくれることになります。MAツール導入を検討している方は、マーケティングの課題を整理し、ツールによって解決したいことを整理しておくといいでしょう。

・カスタマージャーニーマップの作成

顧客が商品やサービスを認知してから購入するまで、どのような行動・思考・感情を持ってプロセスを進むのかを可視化したカスタマージャーニーマップを作成することで「顧客理解」をしておくとよいでしょう。

・セグメントの基礎設計を行う

属性や行動履歴などによって顧客をグループ分けすることをセグメンテーションといいます。また、セグメンテーションによって作られたグループをセグメントと呼びます。

MAツールでは、セグメントごとに施策を実施できるため、どのようなセグメントに分割するのかを検討しておくとよいでしょう。

・コンテンツの準備

MAとの相性がいい、ブログやノウハウ記事、製品カタログ、ダウンロード用ホワイトペーパーなどのコンテンツを準備しておくといいでしょう。最初から多くのコンテンツを用意できない場合、ニーズの高いのあるコンテンツを用意できれば、本数は少なくても問題ありません。

まとめ

弊社はZohoというMAツールの販売を行う認定パートナーであり、Zoho 導入支援を行なっております。

お気軽にお問い合わせください。

Zohoについての記事はこちら

問い合わせをする